なぜ上部頸椎?

人間の体のバランスの中心となるのは腰ではなく、体の最も高い位置にある頭です。

 

頭を支える首の骨(上部頚椎)がズレると、頭が傾きバランスをとろうとして胸椎、腰椎、骨盤と順に歪みが生じてきます。

 

その結果、頭痛や肩こり、腰痛などが症状として出てきます。

 

さらに頚椎や腰椎の歪みは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの原因にもなります。

 

また、第一頚椎は脳から出ている脊髄神経の出入り口に位置しています。

 

よって、首の骨がズレると脳と身体との神経エネルギーの伝達が妨害されます。

 

神経エネルギーの伝達が妨害されると自律神経やホルモンのバランスが崩れ、自立神経失調症などの体調不良の原因にもなります。

 

骨盤や脚の長さの違いが骨格を歪ませる原因だという考えもありますが、上部頸椎カイロプラクティックでは頭を支える身体全体が土台だと考えます。

 

脳からの神経エネルギーは上から下、内から外へと流れています。

2018年10月08日