パソコンやスマホ疲れで全身に体調不良が起こる現代病

VDT症候群 東大阪市の藤井カイロプラクティック

 

『VDT症候群』

 

パソコンやスマホ画面に向かっていると

いつも決まって体調が悪くなる。

 

ヴィジュアル・ディスプレイ・ターミナル

略して、VDT症候群といいます。

 

パソコンなどのOA機器を長時間使うことで

不定愁訴が現れる現象で、

主な症状は

  • ドライアイ
  • 目の充血
  • 視力低下
  • 頭痛
  • 首や肩のこり
  • めまい
  • 耳鳴り
  • イライラ
  • 集中力低下

など多岐にわたります。

 

パソコンやスマホの画面を見て

目に悪い刺激が入って起きるのとともに、

長時間のうつむき姿勢や同じ姿勢が続くと、

首の骨(頸椎)のズレが発生します。

 

目のリフレッシュやストレス解消の他に、

首の骨の調整もおすすめします。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA