つらい痛みやしびれを改善 自然治癒には時間が必要である

痛みやしびれ等で日々お悩みのクライアントさまは、その症状が首の歪み(頸椎の歪み)から来ていることには全く関心はなく、症状がある場所(例えば頭や背中、腰)に関心を持っています。
しかし、頭痛や腰痛、手足のしびれも含めて多くの疾患の物理的根本原因は上部頚椎(首の骨)の歪みの放置によってもたらされたものです。
そして、首の調整を受けたクライアントさまはすぐに症状(痛みやしびれ)がとれることを期待しています。

東大阪市の藤井カイロプラクティック 上部頚椎1番

長期にわたる原因の放置が頚椎(首の骨)から下、つまり下部の脊椎に荷重をかけ、その荷重のかかり方と変位のタイプによって頭痛や手のしびれ、脊柱管狭窄症、脚のしびれ、椎間板ヘルニア、すべり症、脊椎分離症などに分類されることになります。
上部頚椎カイロプラクティックにおいて重要なのは病気や症状の分類ではなく、

『なぜ、そのようなことが起こったのか?』

という原因への関心にあります。

その多くは上部頚椎の歪みの放置に他なりません。
したがって病気や症状の種類がどのようなものであれ、上部頚椎の歪みが認められた時には頚椎の調整を行います。
後は、すべてクライアントさまの『生命力』『自然治癒力』に任せることになります。

東大阪市の藤井カイロプラクティック 上部頚椎2番

上部頚椎の調整後、瞬時に消失する頭痛や腰痛、手足のしびれ等のつらい痛みやしびれは、上部頚椎に対しての代償としての二次的変位であり、比較的軽度の補正であることが分かります。
これは主に椎間関節痛であります。
椎間関節には神経が分布しており、不自然な姿勢や生活習慣で慢性的に刺激されることで痛みやしびれが生じます。
一方、神経根圧迫や椎間板ヘルニアによる神経障害は、上部頚椎の歪みを取り除いても痛みやしびれが抜けるまで時間がかかります。
中には椎間板ヘルニアと診断されても劇的に痛みが消失する場合もありますが、そういう場合は筋力が十分であったり、腰痛への荷重が急激に軽減されたために、椎間板への圧の減少と安定した椎体の保持が確保された事によるものです。

神経の障害(傷ついた神経)は、神経細胞が修復されるまでは痛みが続くことがあります。
このような時、カイロプラクティックの検査で手足の長短の改善、左右皮膚温度差の消失、立ち方や姿勢が改善され、身体は治癒過程にあってもクライアントさまは「症状がとれること」が良くなったという判断基準を有しているため、瞬時に症状が取れないと「何も変わらない」と感じます。
しかし、これは自然治癒の過程にありますので、症状に顕著な変化がみられなくても上部頚椎カイロプラクティックのケアをあきらめる必要はありません。

自然治療における身体の回復にはある程度の時間が必要になります。

『時間を必要としない過程はない』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA