第一頸椎の重要性

第一頸椎は脊柱の中で脳からの命令が伝達され、
また体の内外からの情報が脳へ伝達される椎骨上の作用部位であり、
静止状態や立位状態において重心線が通過する最初の可動関節になります。

頭部の支持という観点から、
第一頸椎の影響によって下部脊柱は構築上、
また神経伝達においてもその機能に影響がでます。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です