ブログ

藤井カイロプラクティックのブログです。

ブログ一覧

頸椎1番か2番か、それとも3番か

上部頸椎カイロプラクティックという首の骨(上部頸椎)の一か所のみを調整するというテクニックを用いる上で、首の骨(頸椎)の1番上と2番目、3番目のどの椎骨が一番調整が必要な場所なのかを分析してみました。

東大阪市の上部頸椎カイロプラクティック

分析結果

2021年4月から2022年3月までの12ヶ月で、延べ2513人を対象に当院で行なった首の骨(上部頸椎)の調整箇所は、

  1. 頸椎1番を中心に調整を行った回数=2246人(89%)
  2. 頸椎2番を中心に調整を行った回数=265人(10%)
  3. 頸椎3番を中心に調整を行った回数=2人(1%)

このデータは、当院のみで1年間の延べ人数2513人という少ないクライアント数ではありますが、上部頸椎カイロプラクティックというテクニックを行う上で、なかなか面白い結果になったのではないかと思います。

自己満足に過ぎませんが・・・。


おかげさまで20周年!

おかげさまで開院20周年を迎えることが出来ました。

おかげさまで東大阪市の藤井カイロプラクティックは20周年を迎えることが出来ました。

いつも藤井カイロプラクティックをご利用いただきありがとうございます。

おかげさまで本日、2002年2月18日の開院から20周年を迎えることが出来ました。

これまで当院をご利用いただいたクライアントの皆さまへ、厚くお礼申し上げます。

感謝の気持ちをより一層の技術に代え、これからも皆さまに『生命力』『自然治癒力』が最大限に働く病気に強い健康な身体をお届けいたしますので、今後も変わらぬ応援を何卒よろしくお願いいたします。


やりすぎ注意!-オーバーアジャストの危険性-

薬は『病気』や『症状』に対して有効かつ無害でも、肉体に対しては有害の場合がほとんどです。

薬の服用にあたっては肉体に与えるダメージを考慮しなければなりません。

東大阪市の藤井カイロプラクティック

上部頸椎カイロプラクティックも『自然療法』の本質をよく理解した上で施術に接することが望まれます。

上部頸椎カイロプラクティックによる首の調整も症状に対しては有効で無害でも、肉体に対してはそれが正しく実践されたときのみ有効であるということは言うまでもありません。

上部頸椎カイロプラクティック
藤井カイロプラクティック

数種類の薬を飲むより、1錠だけの薬の方が身体にとってはより負担が少ないということは誰もが知っています。

であれば、複数回のアジャストメント(首の調整)あるいは数カ所の椎骨の矯正より、1回のアジャストメント(首の調整)の方が身体に良いということは分かります。

矯正の回数も矯正する場所も少ないに越したことはありません。

上部頸椎カイロプラクティックの原理原則

上部頸椎カイロプラクティックの基本的な考えは『人工的なことは最小限にとどめる』ことです。

ですから、上部頸椎カイロプラクティックにおいては「数回」「数カ所」矯正するということはありません。

生物は肉体という物質を通して生命を表現しています。

その肉体を傷つけるということは生命に危害を加えることになります。

自然治癒力 東大阪市の藤井カイロプラクティック

肉体に刺激を与え『病気』や『症状』を取り除くのではなく、何が原因で『生命力』『自然治癒力』が妨害されているのか、それを追求しそれだけを取り除けば良いのです。

自然は助けを必要としない

あとは自然に任せる

これが上部頸椎カイロプラクティックの原理原則になります。


カイロプラクティック調整後に起こる好転反応と身体の変化

好転反応

好転反応は身体が内部から快方へ向かうために先天的知能がとる必然的反応です。

好転反応には発熱、患部の疼痛、倦怠感、眠気など様々にあります。

東大阪市の上部頸椎カイロプラクティック 好転反応について

上部頸椎カイロプラクティックでの首の調整後に生じる好転反応は、あくまでも根本(原因)に対して治療を施した時に期待される全身性の反応です。

上部頸椎(首の骨)の調整後は、脳からの神経伝達が回復するに従い、これまでの異常な状態から正常な状態へと『生命力』『自然治癒力』によって身体の内部から調整されていきます。

つまり病気の状態から本来の健康な身体へと変化していく、快方へ向かう変化の過程での自覚症状が好転反応ということになります。

その後に起こる変化

上部頸椎(首の骨)の調整後、身体に何も変化を感じなかったとしても、時間の経過とともに身体の内部は回復への過程が進行中であり、本人の意志とは関係なしに身体は勝手に自然治癒へと導かれていきます。

施術後、身体に起こる変化

  • 2~3日は体がだるくて仕方なかった
  • 眠気が出た
  • 微熱が出た
  • 逆に症状がひどくなったが翌日には嘘のように消えた
  • 体のあちこちに筋肉痛のような痛みが出た
  • 身体が軽くなった
  • よく眠れるようになった
  • 腰の痛みはとれたが膝が痛くなってきた
  • 数年前の古傷が痛みだした
  • 冷え性が治った
  • 気持ちが明るくなった
  • 仰向けで寝れるようになった
  • その他

上部頸椎(首の骨)の調整後、神経エネルギーの流れや身体のバランスが良くなっても、お悩みの症状と骨の歪みに因果関係がなければ、症状が改善されることはありません。

上部頸椎の歪みにより影響を受けている場所に関しては、病気や症状が改善されることは約束できますが、運動不足や睡眠不足、暴飲暴食などの生活習慣によるものに関しては、本人が改善しない限り、上部頸椎カイロプラクティックで一時的に良くなっても、また最初の状態に戻る可能性は高くなります。

東大阪市の上部頸椎カイロプラクティック 食事、睡眠、運動で健康管理

健康を保つ最低限の行動は「食事」「睡眠」「運動」です。

この 「食事」「睡眠」「運動」は当然ながら他人に変わってもらうことは不可能です。

これらは自己管理として行うしかありません。

上部頸椎カイロプラクティックにより、脳からの神経伝達や身体のバランスが良くなった後は、ご本人自らの日常生活に目を向け、改善すべきところは改善していただくようにしっかりとアドバイスさせていただきます。


上部頸椎調整後の時間の経過と自然治癒

上部頚椎(首の骨)の調整を受け神経の流れや身体のバランスが良くなると、すぐに症状(痛みやしびれ)が緩和されることを期待しますが、実際は『直ぐに良くなるパターン』『ゆっくりと地味に良くなるパターン』があります。

これらの違いは歪みが生じていた期間や生活習慣、体質により様々で一概にこのタイプですねとは言い難いです。

多くのクライアントはその症状が上部頚椎(首の骨)の歪みが原因とは結び付かず、症状がある所(例えば背中や腰、腕)が悪いと考えてしまいます。

もちろん症状の出ている個所が悪いケースもあります。

しかし、背中の痛みや腕のしびれ、腰の痛みも含め、多くの疾患の物理的根本原因は上部頚椎(首の骨)の歪みの放置によってもたらされています。

東大阪市の上部頚椎カイロプラクティック 藤井カイロプラクティック 頚椎図

長期にわたる原因(上部頚椎の歪み)の放置によって下部の脊椎にアンバランスな荷重が加わり、その荷重のかかり方や歪みのタイプによって脊柱管狭窄症や椎間孔狭窄症、ヘルニア、すべり症、脊椎分離症などに分類されます。

上部頚椎カイロプラクティックで重要なのは病気や症状の種類ではなく、『なぜ、そのようなことが起こったのか?』という原因への関心になります。

そしてその多くは頚椎の歪みの放置に他なりません。

したがって、病気や症状の種類に関係なく、頚椎に歪みが認められたときは頚椎の調整を行います。

そして後は全て自然の治癒力に任せることになります。

自然治癒 東大阪市の上部頚椎カイロプラクティック

上部頚椎(首の骨)の調整後に瞬時に良くなる痛みやしびれ等の症状は、上部頚椎に対しての二次的な変位であり比較的軽度の補正である事が多いです。

これは主に椎間関節の痛みであると思われます。

椎間関節には神経が分布しており、不自然な姿勢や代償作用としての歪みで慢性的に刺激されることで起きる痛みです。

一方、神経根圧迫や椎間板ヘルニアによる神経障害は上部頚椎の歪みを取り除いても痛みが消えるまで時間はかかります。

中にはかなり重症であっても劇的に症状が改善するときもありますが、そういったケースは筋力が十分であったり、荷重が急激に軽減されたために安定した椎体の保持が確保されたことによるものであると考えられます。

上部頚椎の調整が正しく行われ神経の流れや身体のバランスが良くなっても、傷ついた神経の神経細胞が修復されるまでは痛みが続くことになります。

上部頚椎カイロプラクティックの検査で手足の長短の改善、脊柱両側の皮膚温度の左右差の消失、各関節の可動域、重心・荷重比率の改善等々が良くなっていると、症状はとれていなくても身体は治癒過程にあります。

上部頚椎調整後も病気や症状に顕著な変化が見られなくてもご安心ください。

自然療法における身体の回復には、当然のことながら時間が必要になります。