ブログ

藤井カイロプラクティックのブログです。

ブログ一覧

枕の高さ 目安は朝目覚めたときの状態です

ぐっすり眠れていますか? 東大阪市の上部頸椎カイロプラクティック

 

朝目覚めたときに、

首や肩が凝っていたりスッキリとしない場合は

枕が合っていないかもしれません。

 

枕の役割は、

敷き布団と後頭部から首にかけてのすき間を埋め、

立っている姿勢に近い自然な体勢を保つことです。

 

このすき間は個人差が大きく、

それに適した枕も人それぞれに異なるので、

自分の体型にあった枕の高さを知り、

安定感のあるものを選びましょう。

 

首のすき間の深さは人により異なりますが(一般的には1~6㎝)、

この深さに合う高さの枕を選ぶと、

首や肩への負担が少なく眠りやすいといわれています。

 

呼吸がしやすく、弾性があって、

吸湿性、放湿性の良い素材を選ぶことが大事です。

 


4月13日(火)の交通規制について

東京オリンピック 藤井カイロプラクティック

昨年から延期となっていた東京オリンピック聖火リレーが東大阪市にもやってきます。

 

東京オリンピック聖火リレーの東大阪市開催にあたり、

2021年4月13日(火)午前9時から午後11時くらいまで

近鉄奈良線の若江岩田駅東側から東大阪市花園ラグビー場まで交通規制が実施されます。

 

ご迷惑をおかけしますが、

お車及びバスで来られる際はご注意ください。

 


 

「№98 すっきり爽快 すぐに治りました」

首の痛みでお悩みのクライアントさまが、

ご家族の紹介で来られました。

 

◆症状

  • 左に向けない
  • 光がすごくまぶしく感じる
  • じっとしていてもズキズキと痛むときがある
  • 年に数回首を寝違える

 

首の骨(頸椎1番)を調整後、

15分ほど休んでいただきました。

 

痛みはすぐに取れ、

首の可動性も良くなりました。

 

スッキリ爽快スグに治りました。お世話になりました。

 

『スッキリ爽快スグに治りました。

お世話になりました。』

 


4月のお休みのお知らせ

春 東大阪市の藤井カイロプラクティック

 

いよいよ本格的な春の到来です。

桜の開花も間近ですね 😛 

 

さて、

4月の休みですが下記の通りになります。

 

毎週水曜日と29日(木)

 

4月3日は午後からお休みになります。

ご迷惑をお掛け致します。

 

それではどうぞよろしくお願いいたします。

 


 

骨の歪みを治してもなぜ歪みは出てくるのか

東大阪市の藤井カイロプラクティック

 

施術を受けたのに1週間後には元の状態にもどってしまう。

骨の歪みが戻ってしまう理由はいくつかあります。

 

特に初期はどうしても戻りやすくなっています。

それには身体の持っている機能が深く関わっています。

 

 

●身体の形状を記憶している

 

普段の姿勢は「筋膜」と呼ばれる組織が姿勢を記憶しています。

筋膜とは筋肉や内臓、骨などを覆っている薄い膜です。

姿勢を維持する力はかなり強いです。

 

姿勢を良くしてもすぐに元に戻されてしまうのは、筋膜が普段の状態を記憶しているからです。

悪い姿勢を記憶している筋膜には歪みやねじれが存在しています。

骨を調整し筋膜の歪みやねじれを治しても身体が形状を記憶しているので、時間が経つと元のねじれた状態へと戻されます。

数回施術すると身体が良い状態を記憶するので、今度は逆に歪みやねじれが起きにくい身体になってきます。

この歪みやねじれが解消されるまでの期間は年齢や生活習慣、ねじれが生じていた期間によって変わります。

 

 

●生活習慣

 

毎日の生活習慣が現在の身体を作っています。

歪みがある身体は歪みが出る生活習慣の積み重ねでもあります。

骨の調整で身体を健康な状態に戻しても生活習慣が悪いとまた悪い状態に戻ります。

骨の歪みを治しつつ生活習慣も正していかなければ身体は回復していきません。

 

身体の形状記憶機能や生活習慣以外にも内臓の疾患やストレスなどでも歪みが戻ってしまう要因になります。

先ずは少しずつでも良いので生活習慣を改めることから始めましょう。