カイロプラクティックにも筋肉にも時間の経過が必要である

相変わらず筋トレにハマっています😁

 

毎日毎日、一生懸命筋肉に負荷をかけると、それだけ早くムキムキマッチョになると思っていました。

 

しかしそれは間違いで筋肉の再生にも時間がかかり、その間はゆっくりと休養するほうが良いということを学んだ。

 

カイロプラクティックも同じである。

毎日施術するとそれだけ早く症状が改善するかというとそうではない。

 

上部頸椎カイロプラクティックは特にそうであるが、神経エネルギーの妨害を取り除き後は自分自身の『生命力』に任せるのであるから、そんなに瞬時に病気や症状が治るということはない。

 

何事もそうであるが、結果が出るにはある程度の時間の経過が必要である。

 


 

ゆっくりと回復に向かう上部頸椎カイロプラクティック

「2、3日後の方が楽になります」

「速効性はないけどゆっくりと治ってきますね」

といったご感想をよくいただきます。

上部頸椎カイロプラクティックは病気や症状に関係なく
骨の歪みによる神経エネルギーの伝達妨害からの解放や
身体のバランスを整えることを目的としております。

特に首(上部頸椎)は重要になります。

首(上部頸椎)を整えると、
後は身体が勝手に『生命力』『自然治癒力』の元、
身体の内側から修復にかかります。

その結果、直ぐに良くならなかったとしても、
2、3日後、あるいは数週間後と時間をかけ、
ゆっくりと回復に向かいます。

首を整え、後は自分自身の身体に任せるので、
直ぐに結果が出る人もいれば、
時間をかけゆっくりと改善していく方もおられます。

どのくらいの間隔で治ってゆくのかは、
その方の生活や食事、運動などで変わっていきます。

 


自然治癒を最大限に引き出すとは言うものの・・・。

首の骨(上部頸椎)を整えることにより、
『生命力』『自然治癒力』が最大限に活かされます。

本来の身体を取り戻す。

すると身体は自らの力で自分自身の身体を回復させます。

とは言うものの、
全ての症状が改善するとは限りません。

全ての原因が首の骨の歪みからならそれは可能ですが、
痛みやしびれなどの不快な症状には
物質の限界内臓疾患等が関係しているケースもあります。

首(上部頸椎)を整えても症状が改善しない、
という方には一度専門の医療機関での受診をおすすめします。

 


神経伝達の妨害。あるよりないほうが良い。

上部頸椎の歪みによる神経伝達の妨害。

もちろん、あるよりかはない方が良いですが、
あるからと言って必ずしも病気や症状が出るとは限らない。

少しだけ目が悪い人ならメガネをかけずに生活は出来ます。
しかし見えにくいことが原因でケガをする可能性もあります。

少しの雨なら傘は必要ないかも知れません。
しかしそのせいで風邪を引くかも知れません。

上部頸椎の歪みもそのようなものです。

神経伝達の妨害。
あるよりかはない方が良いことは確実です。

 


瞬時に身体が改善することはありません

子供の成長にも時間の経過が必要であり、

河川の汚染の回復にも清流に戻るまでにはそれなりの時間を要し、

失われた森林の回復にも時間を要す。

自然療法における回復には当然のことながら時間が必要になります。

 


身体の内部から効く

首の調整後、神経伝達の妨害・圧迫が取り除かれることにより、
上部頸椎の変位によって緊張を強いられてきた筋肉や靭帯が緩和されます。

すると椎骨のバランスや四肢の関節等の回復が容易になり、
時間の経過とともに骨格の正常域が確保されていきます。

また神経伝達の妨害・圧迫に関連したクライアントが訴える諸々の自覚症状も、
『生命力』『自然治癒力』の判断の元に治癒してゆくことになります。

 


代償作用

腰痛で来られるクライアントさまに対しても、
腰の骨は触らず上部頸椎(首の骨)のみの施術になります。

首の骨しか触っていないのに腰痛が消えると、

『摩訶不思議』『ゴッドハンド』
『先生の超能力』『すごい!』

と思われるクライアントさまが多いです。

しかしこれらはすべて身体の補正作用であり、
科学的に説明可能な現象です。

カイロプラクターの特殊能力、才能とは全く関係ありせん。

 


第一頸椎の重要性

第一頸椎は脊柱の中で脳からの命令が伝達され、
また体の内外からの情報が脳へ伝達される椎骨上の作用部位であり、
静止状態や立位状態において重心線が通過する最初の可動関節になります。

頭部の支持という観点から、
第一頸椎の影響によって下部脊柱は構築上、
また神経伝達においてもその機能に影響がでます。

 


神経の圧迫?

「医療機関でのレントゲンやMRIの検査の結果は異常なしでした」

が、「明らかに身体には異常があります!」

という方が多く来られます。

上部頸椎カイロプラクティックの方法で検査を行うと、
首の骨の歪みにより神経エネルギーの圧迫が見つかります。

「神経の圧迫があるのにMRIとかで分からないのですか?」

「神経の圧迫ということはヘルニアですか?」

といったこともよく聞かれます。

当オフィスでは、
首の骨の歪みによる神経の圧迫はありますが、

それは、

『自覚できない程度の圧迫』

と考えております。

 


上部頸椎の重要性

首の骨(上部頸椎)の歪みは精神的、肉体的両面に影響を及ぼします。

したがって、肉体面の症状を訴えて来たクライアントであっても、
首の調整後に精神面にも改善を見ることがよくあります。

このように首の骨(上部頸椎)の歪みは、
全身性であって決して部分的ではありません。

それは首の骨(上部頸椎)が脳からの神経の流れを最初に妨害する部位であり、
解剖学、生理学的にも全身の機能に影響を及ぼす部位だからです。

特に脳幹の最下部である延髄の端が、
上部頸椎の脊柱管内に位置することは極めて重要なことになります。