上部頸椎調整後の時間の経過と自然治癒

上部頚椎(首の骨)の調整を受け神経の流れや身体のバランスが良くなると、すぐに症状(痛みやしびれ)が緩和されることを期待しますが、実際は『直ぐに良くなるパターン』『ゆっくりと地味に良くなるパターン』があります。

これらの違いは歪みが生じていた期間や生活習慣、体質により様々で一概にこのタイプですねとは言い難いです。

多くのクライアントはその症状が上部頚椎(首の骨)の歪みが原因とは結び付かず、症状がある所(例えば背中や腰、腕)が悪いと考えてしまいます。

もちろん症状の出ている個所が悪いケースもあります。

しかし、背中の痛みや腕のしびれ、腰の痛みも含め、多くの疾患の物理的根本原因は上部頚椎(首の骨)の歪みの放置によってもたらされています。

東大阪市の上部頚椎カイロプラクティック 藤井カイロプラクティック 頚椎図

長期にわたる原因(上部頚椎の歪み)の放置によって下部の脊椎にアンバランスな荷重が加わり、その荷重のかかり方や歪みのタイプによって脊柱管狭窄症や椎間孔狭窄症、ヘルニア、すべり症、脊椎分離症などに分類されます。

上部頚椎カイロプラクティックで重要なのは病気や症状の種類ではなく、『なぜ、そのようなことが起こったのか?』という原因への関心になります。

そしてその多くは頚椎の歪みの放置に他なりません。

したがって、病気や症状の種類に関係なく、頚椎に歪みが認められたときは頚椎の調整を行います。

そして後は全て自然の治癒力に任せることになります。

自然治癒 東大阪市の上部頚椎カイロプラクティック

上部頚椎(首の骨)の調整後に瞬時に良くなる痛みやしびれ等の症状は、上部頚椎に対しての二次的な変位であり比較的軽度の補正である事が多いです。

これは主に椎間関節の痛みであると思われます。

椎間関節には神経が分布しており、不自然な姿勢や代償作用としての歪みで慢性的に刺激されることで起きる痛みです。

一方、神経根圧迫や椎間板ヘルニアによる神経障害は上部頚椎の歪みを取り除いても痛みが消えるまで時間はかかります。

中にはかなり重症であっても劇的に症状が改善するときもありますが、そういったケースは筋力が十分であったり、荷重が急激に軽減されたために安定した椎体の保持が確保されたことによるものであると考えられます。

上部頚椎の調整が正しく行われ神経の流れや身体のバランスが良くなっても、傷ついた神経の神経細胞が修復されるまでは痛みが続くことになります。

上部頚椎カイロプラクティックの検査で手足の長短の改善、脊柱両側の皮膚温度の左右差の消失、各関節の可動域、重心・荷重比率の改善等々が良くなっていると、症状はとれていなくても身体は治癒過程にあります。

上部頚椎調整後も病気や症状に顕著な変化が見られなくてもご安心ください。

自然療法における身体の回復には、当然のことながら時間が必要になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA