頸椎1番か2番か、それとも3番か

上部頸椎カイロプラクティックという首の骨(上部頸椎)の一か所のみを調整するというテクニックを用いる上で、首の骨(頸椎)の1番上と2番目、3番目のどの椎骨が一番調整が必要な場所なのかを分析してみました。

東大阪市の上部頸椎カイロプラクティック

分析結果

2021年4月から2022年3月までの12ヶ月で、延べ2513人を対象に当院で行なった首の骨(上部頸椎)の調整箇所は、

  1. 頸椎1番を中心に調整を行った回数=2246人(89%)
  2. 頸椎2番を中心に調整を行った回数=265人(10%)
  3. 頸椎3番を中心に調整を行った回数=2人(1%)

このデータは、当院のみで1年間の延べ人数2513人という少ないクライアント数ではありますが、上部頸椎カイロプラクティックというテクニックを行う上で、なかなか面白い結果になったのではないかと思います。

自己満足に過ぎませんが・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA