低体温を治す

低体温が体調不良や免疫力低下の原因になりやすいとしたら、

低体温によって引き起こされた症状に対して治療を続けるよりも、

低体温という自分の身体に目を向けることが大切です。

 

低体温を治す方法は何であったも構いませんが、

一時的なものではなく、

低体温でない状態が持続できる方法が理想です。

 

上部頸椎カイロプラクティックの調整により、

首の骨を整えると一般的には体温は上昇する傾向にあります。

 

それは何故か?

その大きな理由は2つあります。

 

①延髄の血管運動中枢

 

上部頸椎領域には延髄の尾側が位置しています。

延髄の機能の1つに血管運動中枢があり、

上部頸椎に歪みが起こると延髄の機能に影響を及ぼします。

 

その結果として、

血行不良や血圧に問題が起こる場合が多い。

首の調整後は、

それが正常に働き出すので

全身の温度がほぼ均一に上昇します。

 

②補正作用の解除

 

普段は気にしていない場合が多いですが、

上部頸椎に変位が起きると

傾いた頭部を中心に維持しようとするため、

脊柱や骨盤に補正作用が起きます。

 

首を整えると身体のバランスが良くなり、

骨格や筋肉の調整が行われることで

補正作用が解除され末梢への血流が良くなります。

 

そのため、首の調整直後から

手足がポカポカするとか、

身体が熱いと言われるクライアントさまも多いです。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA