『バッグの持ち方』 先ずは持ちにくい方で持つ!

どちらか一方の腕や肩で持ち続けると、

一方的に負担がかかり体の左右のバランスが崩れる。

 

そうなると体の使い方にクセが出てしまうので、

先ずは持ちにくい方を意識的に使ってください。

 

最初は気持ち悪くてもだんだんと慣れてきます。

 

それは体のバランスが整ってきている証拠です。

 

手足げバッグや斜めがけバッグでも同様です。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です