神経伝達の妨害。あるよりないほうが良い。

上部頸椎の歪みによる神経伝達の妨害。

もちろん、あるよりかはない方が良いですが、
あるからと言って必ずしも病気や症状が出るとは限らない。

少しだけ目が悪い人ならメガネをかけずに生活は出来ます。
しかし見えにくいことが原因でケガをする可能性もあります。

少しの雨なら傘は必要ないかも知れません。
しかしそのせいで風邪を引くかも知れません。

上部頸椎の歪みもそのようなものです。

神経伝達の妨害。
あるよりかはない方が良いことは確実です。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です