どのような姿勢で寝るのが良いのか

睡眠について 東大阪の上部頸椎カイロプラクティック

 

朝が一番しんどい。

目は覚めているがなかなか起き上がれない。

よく寝たはずなのに1日中眠たい。

 

うつ伏せ、仰向け、横向き

どのように寝るのが一番良いのか?

 

●うつ伏せ寝

うつ伏せで寝ると内臓を圧迫するためにリンパの流れが悪くなり、むくみやすくなるとの指摘があります。

腰が反っている状態になるため、腰痛を誘発し、さらにはO脚も招くおそれもあります。

また、顔を横に向けた姿勢が頸椎の歪みや顎関節にも影響します。

しかし、リラックス度や呼吸の深さは他の寝方よりも大きいと言わています。

 

●仰向け寝

仰向けは血栓のできにくい健康的な寝方とされており、深いリラックス感が得られる寝方です。

他の寝方に比べると内臓にかかる負担も少ないです。

しかし、仰向け寝も腰が反った状態になり腰に負担はかかります。

 

●横向き寝

右向きと左向きにより違いがあります。

大まかに分類すると、右向きは腸の働きを助け、左向きは心臓の働きを助けるといわれています。

消化器系は寝ている間に働くので健康にも効果的です。

特に左側はリンパの主要部分が集まっており、その流れを睡眠中にスムーズに行えるためデトックスにも効果的です。

ただ、片側に負担をかける寝方なので、首や骨盤の歪みが出やすくなるなどのデメリットもあるため注意が必要です。

 

どの寝方にも諸説あり、メリットやデメリットも様々です。

 

当院でのおすすめは仰向けですが、いつも決まった寝方ではなく、上記3種類をいろいろと組み合わせてみるのもいいかもしれませんね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA